枝拾い🌳

2023.3.2

こんにちは!販売スタッフです🍎

現在、栽培スタッフのみんなは剪定作業をしています。
剪定とは、りんごの木の枝を切り、陽当りや風通しを良くすることで生育を促す作業です。
美味しいりんごをつくるためには欠かせない作業のため1月から毎日作業に打ち込んでいます。


1月中は、大雪が降ったり氷点下の日が続いたり、外作業が大変な日も多かったですが
最近は春の柔らかな日差しが差し込み日中は気温の上がる日も増えてきましたね🌤
3月に入り、段々と剪定作業終了の目途も立ってきたようです。


長野県は標高も高く、さらに空から降り注ぐ紫外線だけでなく、雪に反射した光で日焼けする「雪焼け」というものもあるため、みんなこんがりと日焼けをしています。(中にはくっきりサングラス焼けしているスタッフも…😎)頑張って働いている勲章ですね!✨

さて、そんな剪定作業ですが販売スタッフの小林さんもお手伝いをしています。
どのようなお手伝いかというと、タイトルにもある「枝拾い」です!
栽培スタッフのみんなが切り落とした枝をひたすら拾い集めます…🏃🏻‍♀️

↑before 枝が見えづらいですが、かなりたくさん落ちています!
(小さい画像がアップにした写真です🔍)
↑after 枝の山がてんこ盛りになっているのが分かりますでしょうか?

「枝拾い」と聞くと穏やかな印象かもしれませんが
膨大な土地の枝を拾い集める作業は想像以上にハードなようで
枝拾い初日の翌朝、体中が筋肉痛でお布団から起き上がれなかったそうです…💦

この量の枝を剪定した栽培スタッフも、
拾い集めた小林さんも、本当にお疲れ様です🙇🏻‍♀️

おまけ
こちらは畑に咲いていたオオイヌノフグリです🌼(小林さん撮影)
春の訪れを感じますね!

まだまだ朝晩は冷え込みますので体調には十分気を付けて過ごしてくださいね🤧