私たちは40年以上前から葉とらずりんごを作り続けています ラインナップはコチラ 葉とらずりんごをお届けします 葉とらずって?

 “葉とらず”りんごとは、文字通り“葉っぱをとらない”栽培方法で育てたりんごです。品種にもよりますが、りんごは果実に太陽の光が当たることで赤く色づきます。

スーパーに並んでいるような綺麗でムラのない赤いりんごにするには葉っぱを取らなければなりません。
 しかし葉っぱはりんご本体に栄養と甘味を補給する大切な役割があります。葉を摘めば見栄えのいいりんごを作ることはできますが、葉とらずりんごとの味の違いは一目瞭然!この栽培方法で作るリンゴはどれも本当に美味しいリンゴになります。

葉とらずって?
葉とらずって?
 沢山の葉っぱで沢山の栄養と甘味を限界までリンゴに注ぎ込んでいるので、その分味わいと甘さが濃厚に!さらにりんごの表面に日が当たり過ぎないことにより、りんごとは思えないジューシーさ
 また色むら具合を気にせず、木の上でしっかり完熟させられるので、美味しさと食感が長持ちし、“いつ食べても美味しいリンゴ”となります。

▼収穫・出荷の様子を撮影しました。是非ご覧ください♪

安心安全のりんごを産地直送 安心安全のりんごを産地直送 農園直送


 おぎわら農園のりんご栽培は、除草剤は一切使わず機械で刈り取りを行っています。農薬は出来るだけ減らし、肥料も化学肥料は一切使用せず、ぼかし肥料(有機物を時間をかけて発酵させたもの)などの有機肥料のみを使用しています。
 三代にわたって培った知恵と経験を生かし、自然本来の力でりんごが育つよう、手間を惜しまず、さらなる工夫を重ねてリンゴ栽培に取り組んでおります。

皮ごとガブ
信州奥信濃の大自然が育む自然の恵み
信州奥信濃の大自然が育む自然の恵み

 長野県はフルーツ王国といわれるほど、とても果樹栽培が盛んな地域で、その中でも当園のある奥信濃(長野北部)は、りんごの栽培をとても古くから行ってきました。
 山々から流れ込むおいしい水と豊かな土壌があり、また標高の高い盆地独特の昼夜の寒暖差が、りんごやぶどうの果樹栽培に最適の環境を生んでいます。あまり知られていませんが、盆地は晴天の日が多く日照時間が長いため、太陽の光をたっぷり浴びることができます。
 水・大地・気候・太陽の大自然が育む恵みと、私たちがちょっとお手伝いした果物の味を是非ご賞味ください。

おぎわら農園こだわりサービス 農園直販・送料無料・税込み価格

おぎわら農園で販売している商品は、農家自らが栽培し出荷までを行う正真正銘の「産地直送」販売です。
さらに全国どこでも安心の「送料一律」で、表示も「税込み・送料込み価格」だから、お支払いは記載してある料金だけ!

 

農家が直接お届け!産地直送「葉とらずりんご」の商品ラインナップ

信州より産地直送にて各種葉とらずりんごをお届け致します。

 point_apple 嬉しいお声をたくさんいただきました!

リピートして林檎をたっぷり食べています。美味しい。腸活に林檎と思い頼んでみました!
葉取らずさっぱリンゴの甘さとサクサク柔らかい歯ごたえが私は気に入りました。
林檎デビューが終盤の林檎からでしたが美味しい林檎に出会えて嬉しいです。

葉とらずサンふじさっぱりリンゴ購入させていただきました。蜜が入って無く甘味も控えめ、でも蜜入りでは味わえないさっぱりした美味しさ魅力とのこと。荻原農園さんの言葉を信じて取り敢えず5㎏入り注文させて頂きました。1・2日後には届き早速食べさせてもらいました。蜜が入っていなくても、甘い・さっぱりした甘さ・果肉サクサク いくつでも食べられてしまいました。しまった!こんなに美味しいの知っていたら10㎏注文させてもらうんだったと後悔してます。

ただいま販売中の商品はこちら

bnr_profile