月別アーカイブ : 2020年1月

新商品半生ドライフルーツ

2020.1.18

先日、下伊那郡阿智村にある「南信州菓子工房」様に半生ドライフルーツの製造委託の依頼で行ってまいりました。

江戸時代から続く伝統の製法をヒントにいろいろな果物を半生イフルーツで製造しています。

半生ドライフルーツの魅力はしっとり、やわらかく果物の香りや味を生かしているところです。

とても美味しいです🤩

自社のりんごを使用して是非作っていただきたいとの思いから、委託のお話を聞いていただき、心良く引き受けてくださいました。

南信州菓子工房様にはとても感謝しております🙇

発売は来年の1月下旬の予定、一番人気「葉取らずサンふじ」を使用した半生ドライフルーツが誕生します🎊

自社のドライフルーツができるのが今から楽しみです❗️

葉とらずりんご通信 |

剪定の開始です(^^)/

2020.1.13

皆さん、こんにちは!園主の荻原大です

今年の剪定作業を先週の1月9日から始めております。

約一年ぶりの剪定。感覚を思い出しながら取り組み始めています。

後今年は、雪が全くなくとても暖かいので仕事はしやすいのですが、正直こんな気候でいいのか少し不安です

スタッフ同士で意見交換し合いながら、去年の反省点もふまえ、今年の剪定に生かしていきます。

剪定は重要で、来シーズンのりんごの出来に大きくかかわってくるので、気を引き締めて取り組んでいきます。

来シーズンまた、お客様に喜んでいただけることを想像しながら頑張ります

葉とらずりんご通信 |

~復興応援企画はじめました~

2020.1.10

いつも荻原農園をご愛顧頂き誠に有り難うございます。


昨年、私たちの住む地域では台風19号による
大きな被害で、荻原農園と交流ある連携農家さんの
畑や倉庫・農機具・自宅までもが浸水する等の
甚大な被害が発生いたしました。
当園としても、復旧作業の他にも何か支援できることはないか・・・
という想いから、『寄付付き商品』を販売し集まった寄付金を
被災された連携農家の方々に寄付を行う
≪復興支援企画≫をはじめようということになりました。

~対象商品はこちら~

・加工用(訳あり)サンふじ10Kg

・葉とらずサンふじさっぱリンゴ3Kg・5Kg・10Kg

・サンふじジュース3本・6本・12本

・葉とらずり紅玉りんごパイ(2本入り)

(期間は1月31日までとし、本体価格内5%を義援金へ)

 

・加工用(訳あり)サンふじ10Kg

(期間は売り切れまでとし、本体価格内1000円分を義援金へ)

 

『復興支援企画』詳細はページにて↓↓
http://apple-ogiwara.jp/19donation.html

 

尚、りんごの保管は専用の貯蔵庫にしっかり鮮度を保ち保存して
おりますのでご安心してご注文いただければと思います。


集まりました寄付金は責任を持って連携農家さんへお渡しいたします。
皆様の温かいお言葉・お気持ちに心から感謝いたします

今後とも荻原農園を宜しくお願い致します

葉とらずりんご通信 |

さっぱリンゴ♪販売中

2020.1.6

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します

 

いつも荻原農園をご利用頂き有難うございます

葉とらずサンふじのご家庭用・ご贈答用の販売が終了し、

荻原農園では【さっぱリンゴ】を販売しております。

はじめから蜜入りが弱かったリンゴや、

蜜が実に吸収されはじめ、見えにくくなっているリンゴ

別商品名で区分し、一昨年から販売しております。

(こちらの商品も葉とらずサンふじになります。)

荻原農園のホームページにて【さっぱリンゴ】の詳細が

記載されておりますので宜しければ、ご覧いただけたらと思います

※蜜が全く見えないリンゴ~蜜がわずかに見えるリンゴ等が入っております※

F143・・・サンふじ《さっぱリンゴ》3kg 2200

F145・・・サンふじ《さっぱリンゴ》5kg 3000円

F140・・・サンふじ《さっぱリンゴ》10kg 5200円

となっております

専用の貯蔵庫にしっかり鮮度を保ち保存しておりますのでご安心して

ご注文いただければ幸いです。

 

皆様に喜んでいただけるよう今年も頑張りますので、

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

                 販売スタッフ丸田・小林

 

 

 

葉とらずりんご通信 |

明けましておめでとうございます。

2020.1.1

明けましておめでとうございます。園主の荻原大です。

旧年中は荻原農園をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

去年を思い返すと農業という業種にとってだけでなく、我々の地域にとって特別な年となりました。

2019年10月12日、台風19号。まさか自分たちが住んでいる地域であそこまでのことが起こるとは誰が予想できたでしょうか?

ここ近年は災害が多く、ニュースなどで映像として多く見ることがあったのは事実ですが、実際自分たちがその立場になってみると、そこには想像もしない現実がございました。

『地球温暖化』、その言葉も夏が暑くなってきた、雪が少なくなってきたとは感じておりましたが、一気に自分たちの目の前に迫ってきて、まさしく直面するという表現しか思い浮かびません。

しかし、そのような中でも地域の再興を目指して、頑張っている人々の姿があり、人が力を合わせることの素晴らしさ、力強さを感じております。。

また、ここ荻原農園でも、ご心配の手紙やお電話を沢山いただき、私たちがどんなに励まされたことか。改めてお客様に支えられて、今の荻原農園があるのだと感じることが出来ました。本当にありがとうございました。

この地域で変わらず農業を続けることが出来ることに感謝しながら、その思いも込めて『美味しいもの』をお客様にお送りする。その当たり前の事を続ける事がお客様に対する最大の恩返しだと思っております。

農業は地域の方々が代々守ってこられた土地がなければ成り立ちませんし、その土地を自分たちが責任をもって守り続けるという使命もございます。今年もここで農業をいつも通り続けられる。ただそれだけのことが、今は奇跡のように思えます。

本年も荻原農園スタッフ一同頑張って参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

葉とらずりんご通信 |