農園から直接お届けするりんごはこだわりが違います

  • 有機肥料

    action_01

  • 低農薬 除草剤なし

    action_02

  • 専用倉庫にて保存

    action_03

 当園のりんごは農薬を出来るだけ減らし(当地比の7割程度)、肥料も有機質肥料にこだわって栽培しています。また除草剤は一切使わず、機械で刈り取りを行っています。
 その結果、皮まで美味しい 子どもが食べても安心の”安心安全のりんご”をお届けできています。(私の娘たちも皮ごと食べています)

⇒さらに詳しくはこちら

 

葉とらず栽培 全力宣言

 なんと言っても当園の特徴は「葉とらず栽培」 葉とらず栽培は、「サンふじ」という品種から始め、販売当初から「美味しい!」などの反響の良さと、近年葉とらず栽培が認知されてきたことから、現在では全品種で葉とらず栽培に切り替えを行っています。
sunfuji_01
action_04
さらに、一本のりんごの木に土の栄養と日の光を十二分に行き渡らすために、通常は一反歩(約1000㎡)の土地で20本程度のりんごの木を栽培することができますが、当園では15本程度に抑えています。その分収量は下がりますが、土地に対する収量のバランスを考えて、常により良いリンゴを求めてます。
美味しさを追求していることもあり、まだまだ収量に限りがあり、売切れ等で皆様にご迷惑をお掛けすることも多いですが、より多くの皆様に美味しいりんごを味わっていただけるよう、全力で頑張っています!
action_05

 

おぎわら農園の取り組み

link_quality

りんごの栽培以外でも、美味しいりんごをお届けできるよう、様々な取り組みを行っています。

link_process

春から丹精込めて育てたりんご、その最終段階の収穫・選別、お届けするまでの流れを紹介します。